1. HOME > 
  2. NEWS > 
  3. 北海道釧路市のIoTイベント『道東×IoTハッカソン2018』に シルバースポンサーとして協賛

NEWS ニュース

北海道釧路市のIoTイベント『道東×IoTハッカソン2018』に シルバースポンサーとして協賛

News Release

2018年4月16日

株式会社RHEMS Japan

 

北海道釧路市のIoTイベント『道東×IoTハッカソン2018』に

シルバースポンサーとして協賛

 

大規模ゲームシステムやWEBシステムの構築運用・コンサルティング事業を行う株式会社RHEMS Japan(本社:東京都新宿区 、代表取締役:佐藤マイベルゲン玲)は、2018年4月28日(土)、4月29日(日)に開催される東北海道IoTハッカソン実行委員会主催のイベン道東×IoTハッカソン2018にシルバースポンサーとして協賛いたします。

 

【協賛の背景】

2017年9月に発足した、東北海道ハッカソン実行委員会は地方都市の抱える課題として「地域社会に根ざしたIT人材の育成」を掲げております。

 

基幹産業の衰退、災害対策、高齢化問題、そして若年層の人口流出など地方都市が抱える問題は山積みです。このような課題の解決には産官学が連携したIoTやクラウドの利活用が今後ますます重要であり、地域のIT人材育成が急務となっております。ー Connpass「道東×IoTハッカソン!観光課題を解決する!」 より引用

 

当社でも、IT人材育成と地方都市の活性化という考えに大いに賛同し、また、当社取締役の遠藤五月男が釧路市出身の技術者でもあることから、同委員会のイベントを協賛させていただく運びとなりました。
 
当社は今後とも、ITに関するナレッジを地域コミュニティへ共有し、地方都市やIoT分野を活性化する活動に取り組んで参ります。
 
 

〜『道東×IoTハッカソン2018』について〜 

 
「地域の課題を考えるだけではなく、それらを実現するためのシステムを開発してみることが、地域のIT企業やIT人材の育成に繋がる」として、観光・交通・教育・漁業・農業・環境・防災に関して「釧路市民が人に言いたくなる!話題のサービス!」をテーマに2日間にわたりIoTサービ構築を競い合うイベントです。

 

主催 東北海道IoTハッカソン実行委員会
開催場所 北海道釧路市幸町3-3 釧路市国際交流センター 3F会議室
ホームページ https://east-hokkaido-iot.qloba.com/

ニュース一覧に戻る