1. HOME > 
  2. 事例 > 
  3. 株式会社エイリム様 ログシステム構築(移設)

EXAMPLE 事例

For Example

今までシステム改善に成功した一部の事例です。
事例による改善で大幅なコストの軽減が実現しました。

株式会社エイリム様 ログシステム構築(移設)

お客様からのご要望
  • 株式会社エイリム様 ログシステム構築(移設)

導入前の概況

『ブレイブフロンティア』は日本国内で600万ダウンロード以上を記録し、全世界では2300万人以上にプレイされている本格RPGです。多くのユーザーを抱えているため、日々排出されるログも膨大になります。そのため、いかにログを「安全に安価に保存するか」ということが従来からの課題でした。

RHEMS Japanの解決手法

AWS Simple Storage Service を採用したログシステム
AWSの活用
ログにはユーザーの行動を記録しているものやサーバーログなど様々な種類があります。それらはお問い合わせをいただいた際やシステムの不具合があった際の調査に欠かすことができないもので、全て重要です。ログデータを保管することはゲームアプリを提供する事業者の責務であることは言うまでもないですが、この膨大なログを安全、安価に保存できるサービスはなかなかありませんでした。

ログデータの全てがI/Oの高いディスク領域を必要としているわけではなく、多少のレイテンシーは許容できます。ただし、その際に重要になってくることは信頼性です。つまり、ログは完全な状態で保存しておかなければ意味のないものになってしまいます。信頼性を備え、かつ安価に利用できるストレージとしてAWS Simple Storage Service を採用したログシステムの構築が最適でした。

システム構成図


     

AWS Storage Gatewayで低コスト高信頼性を実現

数百万人がプレイするゲームアプリのログは、アクセスログだけでも1日で数十GBになります。増え続けるログを保管するためにはHDDの増設やストレージの増設が必要ですが、従来のオンプレミス環境ではどうしても多めの容量を取らざるを得ませんでした。

即時性を求められないログは、AWS Storage Gateway を利用して低コストで信頼性の高いS3への保管に切り替えることで、今後増えるログの容量を予測する手間も余分な費用もかける必要がなくなります。初期費用もなく、利用した分だけの費用なので移設の障壁が低く、導入前の検証などもお客様にとっては低コストで安心して利用できます。

ご利用をいただいているRHEMS Log System はリアルタイムでログを一時保管(Queueing)しつつAWS Storage Gateway に送ります。もちろん、いつでもどの時点のログであっても、必要な時に必要なログを利用することが可能です。